自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

嫌な仕事はやめてもいいけど、何かひとつ結果を出してから次に進もう

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

「この仕事はもう、引き受けたくない…」
「この人とは、一緒に仕事をしたくない…」

 

そんなふうに思ってしまうことは、誰にでもあることです。
本当に嫌だったら、個人的にはやめたほうがいいという考えです。確かに目先の収入や売上げも大切ですが、嫌々やっている仕事は成長のスピードも遅く、学びも少ない。表情も暗くなるので、新しい出会いやチャンスもなかったりします。異論反論があるのを承知で書くと、長期的に見るとプラスにはならない…。もちろん、嫌々やっている仕事を通して得られるものありますが、トータルで考えるとマイナス面のほうが大きいということです。

 

でも、です。
辞め方、去り方はあると思っています。

 

嫌な仕事を、ただ嫌だからと辞めてしまっては、逃げる癖がついてしまうだけです。なので、個人的には「何かひとつでも結果を出してから辞める」ことが、とても重要だと考えています。そう、自分から見ても他人から見ても、「その仕事からただ逃げた」のか、「次のレベルのステージに進んだ」のか、どう見えるかが本当に大きい。この違いこそが、その先を自分の人生を大きく左右します。土壇場で自分自身を信じることができるかどうかも、人から大きなチャンスを与えてもらえるかどうかも、こういったことをどう考えるかで変わってくると思うのです。

 

嫌な仕事は辞めてもいい。嫌なものは嫌ですから…。でも、ただ辞めていくことはしたくない。必ず何かひとつ結果を出してから次に進んでいくことを、日々大切にしています。