自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

素敵な人間関係を築ける人になる

今、読んでおくべき本【随時更新】

ビジネスを変える 100のブルーオーシャン

つい先日も引用をさせていただいた、松浦弥太郎さんの著書『正直』。今日もそこから一部を…。このままだと丸ごと引用してしまいそうなので、これで最後にしておきます(たぶん…)。

 

とにかく学びが多い本なのですが、あるページで久々に、もうまさに「ガツンと頭を殴られたような感覚」を覚えました。

 

それが、この一文。

「もうみんな、頭ばかりを使うのをやめようよ」

 僕はしつこいほどに、こう言いたい。

「今日から頭を使うのをやめよう」と、キャッチフレーズをつくりたいほどだ。

 無防備になり、ばかになり、頭を使うのをやめれば、自然と心を使うようになる。

 心を使わなければ、人は動いてくれない。

「先生のお料理はこう評価されていて、出汁の昆布と鰹節へのこだわりが、こんなふうにすばらしくて、とくにおつゆに定評があるから、コツを教えていただきたい」

「先生に、一度でいいからお会いしたかった」

 心から伝わるのはどちらだろう?

 利口に見せることなんて誰でもできる。だが、それがなんになる? 構えて、準備して、正解を探す身構えは、人との間に距離をつくってしまうだろう。

『正直(河出書房新社)』 松浦弥太郎 著

 

仕事をしていく上で、頭を使うことは絶対に必要です。でも、頭を使うことばかりになってしまい、心を使うことを忘れるくらいなら、確かに頭を使うことをやめてしまったほうがいい。

 

この1年、本当に会いたいと思っていた人に、回りくどい表現で何かを伝えていたかといえば、やっぱりそんなことはありません。ただただ「会いたかった」と伝えて、新しい人間関係を築いてきました。ビジネスを意識しすぎて、“構えて、準備して、正解を探す身構え”で臨んだ出会いはやっぱり、距離をつくってしまいます。振り返ってみると、素晴らしい出会いがあった反面、それで失敗したケースもありました…。

 

すごくありがたいことに、今自分の周囲には、チャンスをくれる人、支えてくれる人、笑顔でタッグを組んでくれる人がいます。なぜ、そういう人と出会えて、人と人との関係を続けられるのか?

 

「もう1度会いたかった」

「ただただ一緒に仕事がしたかった」

「あなたに喜んでもらいたかった」

そう、心をちゃんと使っていたからです。ここ最近、頭ばかりになっていた自分に反省です…。

 

イベントレポート動画をアップしました! ぜひご覧ください!

follow us in feedly