自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

仕事ができる人と、仕事がうまくいく人は違う

今、読んでおくべき本【随時更新】

会話が苦手な人のためのすごい伝え方

仕事ができると評価されている人がみんな、仕事が“うまくいっている”わけではありません。仕事ができる人なのに、仕事がうまくいかない人はいます。

 

私の周囲には、たくさんの「仕事ができる人」がいます。ありがたいことに、日々その人たちから学ばせてもらうことが本当に多い。でも、その人たちがみんな、順調に仕事がもらえて、売上げが増えているわけではありません。仕事が滞り、納期に間に合わないこともあれば、周囲の人とうまくコミュニケーションが取れないこともあります。そういったことが問題なくクリアできる人なのに、うまくいかないのです…。

 

仕事がうまくいかない理由は十人十色。でも、多くの人に共通して言えることもあると思います。

 

そのひとつが「返信のスピード」です。

予定に関すること、何かのお礼、相談、頼まれ事など、さまざまなシーンにおいて「返信」というコミュニケーションが求められます。あくまでも私の周囲の話になりますが、「返信」が早い人は仕事がうまくいっていて、遅い人はうまくいっていない。かなりの割合で、これに当てはまります。自分のことを振り返っても、返信がしっかりとできているときは仕事がうまく回っていますが、忙しいを言い訳にしてできていないときは、仕事も停滞してしまったりします…。

 

しかも、仕事が人よりもうまくいっている人は、ただ早いだけでなく、丁寧に、相手のことを想いながら返信をします。そう、小さな気遣い、心配りがいつも言葉の中にある。

 

つまり、仕事がうまくいく人は、ただスキルがあるだけでなく、心に余裕があり、相手を思いやれる人ということです。誰かが「何よりも最優先で投資するべきは、心のメンテナンスにかかる費用だ」と言っていましたが、私もそう思います。

 

心のメンテナンスに、時間とお金を使っていますか?

 

編集長をやっています。 

follow us in feedly