日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日のヒントと、実行力の磨き方[7年間、毎日更新中!]

センスがない…という言い訳はしない

「私はセンスがないから…」と、言い訳する人がいます。そして、「あいつはどうせ、センスがないから…」と決めつけて、他人に見切りをつけてしまう人がいます。

 

たぶん、これは大きな間違い。

 

確か『海馬 - 脳は疲れない』という本に書かれていたと思いますが、センスとは先天的なものではなく、「センスは学べる」後天的なものだと書かれていました。また、「くまモン」の生みの親でもある水野学さんも、次のように述べています。

 

センスというのは、知の集積にすぎない。どれだけたくさんのものに触れて知識を得たかによって、それが結局はセンスと呼ばれるようになるんです。

 

つまり、「センスがない」というのは、「たくさんのものに触れていない=行動していない」「知識を得ていない=勉強をしていない」と同義でもあるということ。
脳科学者ではないので、これについては根拠もなく、断言もできませんが、個人的にはそうだと信じています。先天的なものだと思ってしまうと、切なくなりますし…。でも、脳科学の権威だったり、実績豊富なクリエイティブディレクターが言っているので、きっと間違いはないはず。

 

もし、自分が他の人に比べて「センスがない」と思うジャンルがあれば、原因はそのジャンルについての勉強が足りない。たくさんのものに触れてないだけ。動くしかないのです。

 

そう、「センスがいい!」は、今からでもつくれる。