自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

職場で評価されたい人は、何よりも“ここ”に投資するべき

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

仕事で評価されたい人が、何よりも大切にするべきこと。そして、何よりもまず“投資”するべきこと。

 

何だと思いますか?
スキルアップするための学び? 人脈づくり? 仕事をする環境? 仕事道具? ファッションや身だしなみ?

 

正解は、「無事これ名馬」であること、です。間違いない。

 

どんなに優秀な人でも、よく体調を崩していたら、評価は下がります。信頼も失います。逆に少しスキルが劣っていても、やる気があり、無事これ名馬である人は信頼される。信頼されれば、チャンスは巡ってくる。チャンスが巡ってくれば、成功しても失敗しても、成長できる。結果、自然と評価されるようになる。そう、安定して「無事」であり続けることは、評価されたい人にとっては、何よりも大切なことです。

 

わたしの周囲の仕事ができる人たちは、徹底的に体をケアしています。それは仕事を休まないように、というレベルではなく、自分自身が最高のパフォーマンスが出せるよう、集中力や思考力を落とす体の不具合が出てくれば、ひとつひとつ丁寧に、徹底的につぶしていく。そこにかかるお金は、躊躇なく投資するのです。

 

これは確信を持って言えることですが、周囲の人よりもちょっと多く稼いで、ちょっと多くチャンスが巡ってくる人になるために必要なものは、実はとてもシンプル。
「無事これ名馬」であること、そして「行動するスピードが早い」ことです。このふたつがあれば、もう勝ったも同然。だから、まずは何よりも、無事な体をつくるために投資するべきなのです。