自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「私は仕事でミスばかりする…」と嘆いているあなたへ

漫画原作者の小池一夫さんが今日、こんなツイートをされていました。
「場所が荒れて来たら、人も荒んでくる。以前、警察の関係者から聞いたのだが、事件を起こした者の部屋は、凄く荒んでいる事がほとんどらしい。衣食住を整える事は、『心を整える』事に強く繋がっている」

 

これ、仕事でも同じことが言えます。
ミスが増えただけでなく、自分の本来の能力が発揮できなくなったり、集中力がなくなったり…。そんな人の多くが机の上や引き出し、パソコンのデスクトップ、鞄の中、財布や名刺ケースの中身が荒れていたりすることが多い。その結果、人の話の聞き方やメモの取り方が雑になってきて、頭の中がパニック状態になり、集中力や理解力も低下して、ミスが増える…。そんな人が少なくないような気がします。

 

日々の仕事に追われ、余裕がないときこそ、休みの日は一旦仕事を忘れ、のんびりと過ごし、「心を整えよう」とする人がいます。ただし、温泉やレジャーに行ったり、いつもよりゆっくり寝ても、心というものはなかなか整えることが難しい…。

 

そんなときこそ、環境を整えてみるのです。
実は、忙しい中でも結果を出している人こそ、連休で日々の仕事が止まっている間にちょっとだけオフィスに立ち寄って、机の上やパソコン、資料、手帳の中などを整理していたりする。場所を整えることが、心を整えて、いい仕事ができる自分をつくることを知っているからです。

 

小池さんのツイートを見たとき、そんな人がいることをふと思い出したので、ちょっと書いてみました。私も今から、散乱しているデスクトップ上のファイルを整理したいと思います。