自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「優しい顔」の人はときどき、ビジネスで不利になる

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

自分が今手掛けているその仕事には、自分を選んでくれた人(=その仕事、チャンスを与えてくれた人)が必ず存在していて、その仕事を奪い合った競争相手が必ず存在しています。そう、仕事を与えてくれる人に選ばれたからこそ、今の仕事がある。言うまでもなく、選んでもらえなければ、仕事=給与やギャラをもらうことはできません。

 

だから、自分を選んでもらえるかどうかを本気で考えることは、とても大事なことです。

 

選んでもらえる理由はさまざまです。
「価格が安いから」という理由で選んでもらえることもあれば、「スキルが高い」「経験が豊富」という理由で選んでもらえることがある。でも、相手は“大切な仕事であればあるほど”、任せる人の「覚悟」を見ます。大事な仕事ほど、どんなに高い経験やスキルを持っていても、「覚悟」がなければ、選べない…。

 

「何としてでも、成功させてみせるという覚悟はあるか?」
「何としてでも、最後まで仕事をやりきるという覚悟はあるか?」

 

価格やスキルに大差がなければ、覚悟で最後は決める。逆に価格やスキルが劣っていても、覚悟を決めている人を選ぶことがある。

 

その覚悟は、「言葉」と「表情」で相手は感じるものです。だから、たまに個人的に「もったいないなぁ」と思うのは、「優しい顔」の人は、心の中に並々ならぬ覚悟を持っていても、相手に届かないことがあるということ。その結果、選ばれないことがあったりします。

 

「優しい顔をしているね」と言われる人は、そこは絶対的な魅力ではありますが、ビジネスではときどき不利になるということも自覚し、「自分の覚悟の伝え方」を考えてみてもいいかもしれません。