自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

あなたが、“そっち”を選んだワケは?

人は普通に生活しているだけで、いつも何かと何かで迷い、最後に“どれかを選ぶ”という選択をしています。

 

たとえば、今日の自分を振り返ってみると…。
仕事用のパンツを買うお店、小腹を満たすために入ったファストフード店、そのあとに仕事をしたコーヒーショップ、仕事が一段落したあとにアマゾンで選んでいた万年筆用インクと一眼レフカメラのレンズ、買い忘れていた仕事用の参考書籍、眼精疲労を抑える目薬…。

 

そのすべてにおいて、何かと何かで迷い、最後にひとつのお店&商品に決めました。
おそらく誰でも、こんな感じで日々お店や商品を選んでいるはずです。

 

ここでスルーをしてはいけないのは、「なぜ、“そっち”を選んだか?」をハッキリさせることです。
多くの人は、意外にハッキリとしていなかったりします。でも、じっくりと考えてみると、そこには自分の中でぼんやりとしたままにしていた、ちゃんとした理由があったりします。それは過去の出来事が影響しているかもしれないし、実はあの人の意見が心に残っているかもしれない…。気づいていなかった意外な理由があったりするのです。

 

そう、あなたが“そっち”を選んだワケを、「何となく」で終わらせておくのはもったいない。その理由を探り、「ああ、そういうことだったのか!」と腹落ちするまで考え続けることで、企画を考える力も、コミュニケーション力も、もっと高めていくことができるようになるからです。結構侮れないトレーニングです。

さぁ、今日のあなたが“そっち”を選んだワケを、ちょっと考えてみましょう。