自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「あと“少し”続けたら、軌道に乗るかもしれない…」を、どこまで追い続けるべきか

「あと“少し”続けたら、軌道に乗るかもしれない…」
職種や年齢を問わず、すべての仕事において、そんな迷いは誰にでも生まれるものです。でもその“少し”がいつ来るは、誰にもわかりません。1日後かもしれませんし、10年後かもしれません。もちろん、永遠に来ないことも…。

 

今日はフリーランスのビデオグラファーと話をしていて、いろいろと考えさせられた日でした。

 

彼はとにかくその日が来ることを信じて、ひたすらに努力をした結果、多くの人に必要とされるビデオグラファーになれました。でも、そこまで行くのに、5年かかった…。この年月が長いか短いかはさておき、ここまで続けても芽が出ず、軌道に乗らなかった可能性もあるわけです。さらに言うと、彼の影にはきっと、夢を捨てた人もいる…。そう考えると、同じように夢を追う人たちに対して、無責任に粘ることが素晴らしいことだとは決して断言できません。潔く諦めて、別の道に進むほうがよい場合もあるわけです。

 

では、どこで判断をするか?
そう、判断はできないのです…。続けるか、やめるかの、どちらかを選ぶしかない。

 

今日は結論が出せないことを書いていますが、この判断は夢を追う以上、永遠に解決できないテーマだなぁ、と深く考えさせられたわけです。
ただ、自分自身が「あなたなら、どちらを選ぶか?」と問われたら、間違いなく、“あと少し”を粘り強く追い続けます。後戻りできないところまで行ってしまう不安はありますが、そのプロセスの中で人として成長できると思いますし、次につながる財産にもなると信じているからです。そして何より、その日が来た人の顔は、生き生きとしていてかっこいいものだからです。だから、進んでいきたい道が正しいと信じて、粘りたい。

 

最後は結局、夢を追い続ける苦しさ、自分を信じ続ける苦しさと、向き合い続ける覚悟ができるか、ただそれだけなのかもしれません。そんなことを思った1日でした。