自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

自己顕示欲の強い人が、いつも自分に刺激を与えてくれる

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

今日、新しい仕事の撮影現場で出会った方は、自分でも何という肩書きが適切なのかわからなくなってしまうくらい、幅広く仕事をしている人でした。大きなプロジェクトに参加することはもちろん、面白そうなプロジェクトがあれば、どんなに低予算でもグイグイと入り込んでいく。そんなパワフルな人であり、好奇心旺盛。そして、いい意味で自己顕示欲が強い。こういう人の話や行動から学べることは、未来の自分の大きな財産になります。

 

思い起こしてみると、自分に刺激と学びを与えてくれているのは、いつも自己顕示欲の強い人です。

 

自己顕示欲というと、悪いイメージで捉えられることも少なくありません。でも、本当にそうでしょうか?
私の周囲の尊敬できる人たちは、年齢や経験を問わず、自分を認めてもらいたいという想いや上昇志向が強い。もちろん、想いだけでなく、実際に積極的に行動をしています。そして、自分に強いプレッシャーをかけて、責任感を忘れず、覚悟を決めて仕事をしている。いつも本気なので、触れ合っているだけで刺激があり、ワクワクさせてくれます。だから、自己顕示欲が強い人が、個人的には好きです。

 

「自分を認めてもらいたい」という想いを持つのは、とても自然で、素敵なことです。大切なのは、認めてもらうために全力で行動すること。たった1度の人生、その想いに正直に生きている人と、もっともっとたくさん出会いたいと思います。