自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

うまいキャッチコピーを書く素人が、世の中にはたくさんいる

今、読んでおくべき本【随時更新】

会話が苦手な人のためのすごい伝え方

自宅の近所に、あの「QBハウス」をしのぐ、激安プライスのヘアカット専門店があります。

 

お店がオープンしたばかりの頃は、混んでいるときと空いているときの差が激しかったのですが、今では平日の時間帯も結構安定しているようです。メインの男性客に対して、女性客や子どももよく見かけるようになりました。

 

ただ、オープン当初は男性客がほとんどで、女性客を取り込めていないようでした。「回転数勝負のビジネスだから、女性客をどう呼ぶかがポイントだよな…」と思っていたのですが、ある日、お店のガラス面にある切り文字のステッカーがデカデカと貼られました。

 

「男性客も大歓迎」

 

なるほど…と思いました。
このように書くと、女性客がメインで「でも女性だけでなく、男性にも来てほしいんです!」と感じさせます。そう、メインのターゲットは女性客だと。“女性のお客様が多い”ヘアカット専門店だと…。何も嘘はついていません。女性客が多いかどうかの基準はそれぞれですし、男性客を歓迎しているのは事実ですから。

 

「女性客も大歓迎」だと、やっぱり少し入りづらい…。「女性向けの◯◯サービスをやってます」と言っても、競合と差がつかない…。だったら、「女性のお客様にも来てほしい!」という視点のメッセージではなく、「女性のお客様が“すでに”来ていますよ!」という視点でメッセージしてみてはどうかと考えてみる。

 

普通なら女性のお客様に対してメッセージをしたいところを、あえて新規の男性客に向けたメッセージを発信しつつ、女性客にも「女性が多いお店ですよ!」と伝えようと考えたのは素晴らしいな、と。文章やPRのプロじゃなくても(プロが考えていたらごめんなさい…)、効果的なメッセージは考えられるものです。

 

このステッカーが、どこまで効果があったのかはわかりません。でも結果的には、幅広い年齢層の女性客が増えたのは事実。町にはたくさんの学びがあります。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————