自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

なりたいのは、信頼される人? 素直な人?

「やろう」と「やった」の間には、大きな川が流れている』という記事でも書きましたが、ブログを続けていると、はじめる前には想像していなかった学びや気付き、出会いがあります。

 

その中のひとつで、個人的に面白いなと思って眺めているのが、「ウェブマスターツール」での分析です。
詳細は調べていただくとして、どんな検索キーワードで自分のブログに来てくれたか、そんなことがわかるツールです。で、このブログにはどんな検索キーワードで来てくれる人が多いを調べてみると…「素直な人」と「信頼される人」でした。

 

なかなか興味深いワードです。

 

このようなポジティブなキーワードで検索をする人はきっと、自分自身が「そうなりたい! でもなれない…」という悶々とした気持ちで検索しているような気がします。つまり、私のブログでは何の統計にもなりませんが、素直な人、信頼される人になりたいけどなれない人が、たぶん結構多いということ。

 

では、素直で、信頼される人とは、どんな人か?

 

個人的には「自分を信じることができる人」だと思っています。
自分を信じることができない人は、自分にも他人にも素直になれません。自分を信じることができない人は他人を信じることもできず、失敗を恐れてチャレンジも、何かをやりきることもできないので、なかなか信頼もされません。

 

自分を信じる。
誰にも結果が出せるかどうか、未来のことはわかりません。大切なのは「恐れずにやってみよう!」「この人を信じてみよう!」と覚悟を決めること。そう、覚悟ができる人が、素直な人であり、信頼される人ではないかと思うのです。

 

私がもっとも尊敬しているスポーツ選手に、サッカーの三浦知良選手がいます。あらゆることにおいて覚悟を決めているからこそ、親子ほど歳の離れた選手のトレーニング方法を取り入れることができる。どんなアドバイスも、素直に聞く耳が持てる。そして、サッカー界だけでなく、いろいろな人に信頼、尊敬される人間になれる。もちろん、結果も出せる。
覚悟を決めることは、大切なことです。

———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————