自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

思考のトレーニング方法 - 勝手にテコ入れ&妄想プレゼン -

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

今日はかなり効果的な思考のトレーニング方法をふたつご紹介します。

 

まずはひとつ目は「勝手にテコ入れ」。

 

これは尊敬する小山薫堂さんがやっているトレーニングです。
例えば、目の前にあるペンや手帳でもいいですし、コップでもいいです。ランチに行った際のメニューでも、駅にある看板でも。もちろん、上司が考えた企画でもいいです。目に止まったものに対して、「私ならこうする!」という視点で、勝手にテコ入れしてしまう(改善案を考える)のです。
このトレーニングは非常に有効で、「よりよくするためには?」という思考が習慣化されます。そういう思考になると、周囲の人も協力的になってくれます。オススメ!

 

ふたつ目は「妄想プレゼン」。

 

これは私の師匠が教えてくれたトレーニング方法。こちらも「勝手にテコ入れ」と同様、商品でも企画でも何でも、担当者がどのようなプレゼンをして、クライアントや上司を口説き落としたのか、あるいは出てきた反対意見をねじ伏せてきたのかなどを妄想するトレーニング。つまり、繰り広げられてきたであろうプレゼンシーンを妄想するということです。

 

このトレーニングはプレゼン前のシミュレーションが上手くなり、相手が何を突っ込んでくるのか、どこに疑問や不安を覚えるのかを考えられるようになることで、事前に対応策を練っておけるようになるというメリットがあります。このトレーニングのおかげで、プレゼンはもちろん、企画書の精度も上がったと思います。

 

以上が私の尊敬する方々が推奨するトレーニングです。電車の中でもできます。効果は実感済みですので、ぜひお試しを!