自分の仕事は、自分でつくる

明日の仕事のヒントと、行動力の高め方

あなたは挑戦できる人か? できない人か?

今、オススメの1冊!

超ミニマル主義


「その年齢で、よくそんなリスクのある挑戦ができますね」
僕が前職の会社を退職し、新しい環境で挑戦するという決断をしたとき、そこそこの数の人から同じように言われた言葉です。確かに、ポジションも収入もそれなりで、年齢も35歳になっていたので、そう言われてしまうような状況だったのかもしれません。でも結果、僕はニッポン手仕事図鑑という事業を立ち上げて、当時よりも収入は上がっています。

 

では、もし今、当時の僕と同じような人がいて、「35歳で挑戦(=転職、独立)しようか迷っているのですが、どう思いますか?」と相談されたら、今の僕はどう答えるか?

 

答えは、「やめておいたほうがいい」です。
なぜか?

 

挑戦するかどうかを現在進行系で迷っている人は、少なくとも現時点では、今の企業(環境)にいたほうがいいからです。なぜなら、挑戦という一歩を踏み出し、熱量を下げずに(メンタルをやられずに)走り続けられて、ある程度の成果を出せる人は、「挑戦すること」には迷わない人だからです。

 

リスクがある挑戦であればあるほど、大きなエネルギーが必要になります。迷うということは、まだそのエネルギーが足りない。その状況で挑戦したとしても、走りきれずに失敗してしまいます。挑戦はやめなければ失敗にならないし、ある程度結果が出せても、止まれば失敗と言われる状況に落ちてしまう…。つまり、走り続けなければならないのです。そう、それは結構ツラく、キツい…。

 

こんなふうに書いている僕も、30代に入った頃、そろそろ「挑戦できるタイムリミット」を感じて、動き出すかどうかを考えたことがあります。でも、「今か? やれるのか?」と迷ってしまった。だからそのときは、とどまったのです。今ではないし、おそらくやり抜けないだろう、と。

 

もう1度書きますが、挑戦には大きなエネルギーが必要です。迷っているときは、まだエネルギーが足りないので、目の前にある仕事に没頭してみる。そうすると自然と、迷わずに挑戦できる日が来るはずです。もし来なかったら? 置かれている環境の中で「挑戦」すればいいのだと僕は思います。転職、独立ばかりが、挑戦ではありませんから。