自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

振られる仕事は、「自分の実力を映す鏡」である

「会社(上司や先輩)はいつも、私につまらない仕事ばかりを振ってくる…」
日々、そんなふうに嘆いている(愚痴っている)人は、意外に少なくないような気がします。このブログを読んでいる皆さんはいかがでしょうか?

 

僕も20代の頃は「どうして、こんな仕事を…」と何度も悔しい思いをしてきましたが、ある先輩からこう教えられてから、考え方(目の前の現実の捉え方)が変わりました。

 

「振られる仕事(のレベル)は、自分の実力(レベル)を映す鏡なんだよね。つまらない仕事しか来ないのは、自分が今、その程度の仕事しかできない実力だから」

 

面白くて、やりがいのある仕事はスキルはもちろん、最後まで責任を持ってやり切るという「信頼」がないと回ってこないし、お金を出してくれるクライアントを満足させるだけでなく、担当者が気持ちよくやりとりできる「人間性」も求められる。そう、20代、30代を過ごしてきてやっぱり実感するのは、「振られる仕事=自分の“実力”」だということ。

 

僕自身、40代になった今でも「どうして自分がこんな仕事を…」と思ってしまうこともありますが、そんなときにいつも思い出すのは、「振られる仕事は、自分の実力を映す鏡なんだよね」という先輩の言葉。そう、まだ実力が足りないだけなのです。

 

だからこそ、さらに実力をつけて、面白い仕事を引き寄せたい。日々初心を忘れず、精進していきたいと思います。