自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「地域おこし協力隊」に、会いに行ってみよう!

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

ニッポン手仕事図鑑のオンラインメディア『ふたりごと文庫』の編集長を任せている大学生。8月末からインターンに来てくれる大学生。明後日から行く「かみのやまローカルインターン」に参加する11名の大学生。ニッポン手仕事図鑑の活動をしていると、「地方創生、地域活性のお仕事がしたい!」という大学生と会う機会が多くなります。最近では大学生だけでなく、社会人の人も増えてきました。

 

しかし、ほとんどの人が「地方創生、地域活性の仕事をやってみたいけど、何を、どうすればいいかわからない…。企業に就職(転職)しても、自分のやりたい仕事ができるのか…」と悩んでいたりします。

 

そんな人にオススメなのが、「地域おこし協力隊」として活躍する人たちに会いに行って、話を聞いてみること。

 

私がお世話になっている秋田県鹿角市の地域おこし協力隊(=移住コンシェルジュ)の方々も素晴らしい活動をされていて、任期を終えたあとも鹿角に残り、起業をされたりします。「ふたりごと文庫」でもこれからさまざまな地域の地域おこし協力隊の人が寄稿してくれる予定になっていますが、鹿角以外にも面白い人はたくさんいます。そう、地域おこし協力隊の方は地方のリアルを知っているし、地方創生に何が必要かも肌感覚でわかっている。そして何より、アクティブな人が多い。会うだけでとにかく勉強になります。

 

ニッポン手仕事図鑑の活動を応援してくれている「地方創生プロジェクト」や「JOIN」を覗いてみると、全国で活躍されている地域おこし協力隊の情報が溢れています。そういった方々に会いに行ってみると、今までに見えていなかった選択肢が見つかり、自分が目指すべき道が少しずつ見えてくるはずです。

 

最後に少し宣伝になってしまいますが、私がアドバイザーをやらせていただいている「TURNS」でも、地域おこし協力隊と会えるツアーやイベントをよく開催していますので、ぜひご覧になってみてください。