自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

誰かの強み×あなたの強み=もしかすると、すごいことが起きるかもしれない!?

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

自分、あるいは自社の強みは大したことがなくても、“誰かの強みを掛け算する”ことで、結構すごいことができたりします。だから私は、コラボが好きです。自分の大したことのない強みでも、あの人の強みを掛け合わせたら、何かが起こるんじゃないか? 自分の強みに、自分の会社の強みに、あるいはニッポン手仕事図鑑の強みに…と、日々考えては、ひとりワクワクしていたりします。

 

雑誌「TURNS」の最新号の奥付に、私の名前が乗りました。肩書は「advisory fellow(助言を与えてくれる仲間?)」です。TURNSツアーやTURNSカフェ等、さまざまなイベントを行い、全国的にファンのネットワークを広げているTURNSの強みに、自分あるいはニッポン手仕事図鑑の強みをどんどん掛け合わせて、化学反応を起こしていきたいんです! と直談判して、仲間にしてもらいました。

 

だって、個人も企業も、自分ひとり、あるいは自社だけの強みで生き残っていける時代では、もうありません。ライバルたちは次々と、「誰かの強み×自分の強み」から化学反応を起こすべく、コラボをしています。だから負けじと、私もいろいろな人、企業とコラボしようと企んでいます。

 

誰かの強み×あなたの強み=すごいことが起きる可能性が生まれる。

 

さまざまな可能性が生まれるだけでなく、この公式で考えることの何がいいかというと、目の前にある人や企業の強み、魅力に目が行くことです。悪いところ、弱いところを見つけようとするのではなく、物事をポジティブに見るようになる。そう、悪いところばかりしか見えていなかったあの人、あの企業の強みや魅力に目を向けてみると、自分の強みと掛け合わさって、すごいことが起こせるかもしれない。そう考えたほうが間違いなく、仕事はもっともっと楽しくなります。