自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

誰かが泣くビジネスに、未来はない

今、読んでおくべき本【随時更新】


企画書は、手描き一枚

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

ビジネスは、売上げが大事です。
綺麗事だけでは、生き残ってはいけません。
「みんなが笑えるビジネスなんて、理想論だ!」という人もいるでしょう。別にそれを否定するつもりもありません。

 

でも、個人的には絶対に曲げたくないし、強く信じているのは、誰かが泣くビジネスには未来がないということ。

 

下請けや立場の弱い人たちに無理をさせて、利益を上げている人がいます。でも、誤魔化しながら強引にビジネスをやっていても、結局は無理が出る。消費者も学んでいますし、人材不足がますます深刻になる今後は、そんなビジネスはどんどん厳しくなるはずです。

 

今日、悲しい話を聞きました。

 

ものづくりをする職人さんが注目されている今、職人さんをいいように利用をして自分たちだけが利益を上げて、その裏で職人さんが苦しんでいる事実があるそうです。仕事をすればするだけ赤字になると…。
そんなビジネスは、続いていくべきではありません。

 

「ニッポン手仕事図鑑」は今、全力で職人さんを応援していて、ファンを増やしている段階なので、売上げはほとんどありません。そんなボランディアのようなビジネスでは、長続きしないのはわかっています。綺麗事や理想論だけで続けていけるとは思っていません。だから今後は、しっかりと収益を上げられるようにしていきたい。

 

そう、今のところ利益のない「ニッポン手仕事図鑑」に、未来があるかはわかりません。でも、今職人さんを犠牲にして収益を上げているようなビジネスにも、未来はないと思うし、そんなビジネスには負けたくない。

 

甘いという人もいるかもしれません。利用される人が悪いという人もいるかもしれません。
でも、あえて声を大にして言いたいのです。誰かが泣くビジネスに、未来はない。