自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

40代になると、他人を否定することでしか、自分を肯定できない人が増えてくる

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

タイトルですべてを言い切っていますが…。
最近何となくよく見かけるのは、「他人を否定することでしか、自分を肯定することができない」人。40代を超えると、劇的に増えてくるような気がしています。

 

「あいつにはもう、未来がないよね」「終わっているよ」「ダメだよね」などと相手を否定することで、自分自身を安心させている人です。自分の未来は何も変わらないし、何も解決しないのに…。

 

自分もあと1年半ほどで、40代を迎えます。まだまだ若いと思っていても、早いものだな、と…。

 

でも、20代の頃よりも、30代前半の方が面白くて、30代前半の頃よりも、30代後半を迎えた今のほうが、圧倒的に仕事も人生も面白いので、あまり歳を取ることが嫌ではありません。確実にできることも増えていきますから。
だから、自信を持って、「30代よりも40代のほうが面白い」と言える生き方をしていきたいと思っています。

 

そのためには、「他人を否定しない」生き方が大事。確かに気持ちが弱っていると、他人を否定して、自分は大丈夫だと言いたくなる。でもそれをしていると、周囲の人から吸収できることも少なくなるし、誰も応援してくれなくなります。辛くても、今の自分の現実とちゃんと向き合う。他人がどうではなく、今の自分はどうだ…と。

 

「今が一番面白い」と言える人生は、他人を肯定するところからはじまる気がします。簡単なことではなかったりもしますが…。でも、肯定して生きていきたい。


すべての仕事は「肯定」から始まる