自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

選ばれる人になるために必要なこと

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

選ばれる人になるのは、とても大切なことです。

 

仕事を依頼するときはもちろん、人を紹介したいと思ったとき、何かを相談したりするときなど、人は数ある選択肢の中から誰かを選びます。その選ばれる人になりたいと思っていますし、ならなければならないと思っています。選ばれる人であるかどうかで、巡ってくるチャンスの数が大きく異なりますから。

 

では、選ばれる人になるためにはどうすればいいか?

 

自分も含めて多くの人は、選ばれなかったときは反省も含めて、その理由を一生懸命探します。それはもちろん、いいことです。その半面、選ばれたときはただ喜んで終わる人が多い…。このときに「なぜ、選ばれたのか?」を考えることの方が、負けたときに反省するよりも圧倒的に大切だと思います。

 

「競合プレゼンに勝った」「商談が成立した」「企画が採用された」。それ以外にも「選ばれる」シーンは多々あります。そのとき、何となくで「ここがよかったのかな…」と終わらせていないでしょうか。勝ったとき、選ばれたときほど、本気で考えること。なぜ勝ったのか? 具体的に何がよかったのか? 大差で勝てていたのか、僅差での勝利だったのか?

 

負けたときに得られることもありますが、勝ったときに得られることも大きい。勝ったときに、その理由を考えている人は少なくないと思います。でも、多くの人が手を抜いているように見えたりもします。「どうして選ばれたのか?」。それを真剣に分析し、次につなげる手応えを得るまで考え続ける。

 

選ばれたときほど、頭がオーバーヒートするくらいに、その理由を考えるべき…と、自分自身に言い聞かせています、いつも。


選ばれる人になる34の習慣