日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

業績回復できる経営者とできない経営者の「境界線」

「面倒くさい」ことは、お金になります。

 

時間や手間がかかること。

粘り強く考えなければならないこと。

 

さっそく本題から外れてしまいますが、

企業に雇われる雇われないは別にして、

個人の力で生き残っていきたい人は、

「面倒なこと」ができる人でなければなりません。

これはすごく重要です。

「面倒なこと」はお金を生み、信用を生みます。

 

さて、本題に戻ります。

 

「面倒なこと」ができなくなっている経営者が多いように思います。

業績が悪くなり、心に余裕がなくなっている人ほど、

汗をかけなくなっているとでもいいましょうか…。

でも、本人は誰よりもやっているつもりになっています。

 

大事なことでも「面倒だな…」と思うことはすべて、

従業員や外部業者に任せてしまう癖がついている経営者は、

思考停止状態になってしまっています。

 

「面倒なこと」の中には、お金になるだけではなく、

顧客や従業員の信頼を得ることもたくさんあります。

「面倒なこと」の中に、チャンスは少なからず眠っています。

 

「面倒だな…」と思ったことをどれだけの数こなせるか。

業績回復できる経営者とできない経営者の差は、

そこにあると思います。

 

最後にまた個人の話に戻りますが、

じっくりと考えなければならない仕事ほど、

重要な仕事が多かったりします。

 

企画を考える。戦略を考える。文章を考える。

面倒なことができるようになると、

多くの人に指名される人材になれると思います。

 

面倒なことは、自分でやりましょう。

誰にもやらせてはダメです。